メール占い・チャット占いの信憑性を調査

メール占い・チャット占いって実際どうなの?

メールのやり取りで鑑定するメール占いチャットで会話しながら鑑定するチャット占い
みな様は利用したことがありますでしょうか?

実は私は今まで一度もこういったメール占い・チャット占いは利用したことがありませんでしたので、今回の調査が初めての体験となりました。
スマホ時代になったので電話よりもチャットやSMSのようなやり取りで占いをするスタイルが流行るのかと思いましたが、今はまだまだ電話が主流になっています。

とはいえ、この手の鑑定スタイルをもった占い会社も続々と登場しています。
特にチャット占いは専用アプリをダウンロードしてアプリ内からサービスに接続するものが多いようで、このあたりは時代の進化を感じます。

電話占いを専門で行っていた電話占いサイトでも、メール占いやチャット占いができるサービスを始めているところがほとんどです。

電話で鑑定する電話占いとの違いやメリットデメリット、騙されないように安全に利用する方法をご紹介していきたいと思います。

電話占いにはないメリット

笑顔でスマホを眺める女性

活字ならではのメリットがたくさんあります。
電話占いでは味わえない鑑定体験ができるでしょう。
しかし、メール占いもチャット占いも電話占いと同様の危険なリスクがあります。
こちらではメール占い・チャット占いならではのメリットを紹介しながら、上手に危険を避ける方法もお教えしたいと思います。

こんな無料アプリに注意!

危険な無料アプリのイメージ

「無料占いアプリ」で検索するとたくさんのアプリが出てきますが、中には危険なものも潜んでいます。
無料と書かれているのに実際はお金がかかることも。しかも気づかずにお金を支払ってしまっていたら危険ですよね。
こちらでは危ないアプリと安全に使えるアプリの見分け方を考えていきたいと思います。

メール占いの料金システムと利用の流れ

メール占いを楽しむ女性

よくあるメール占いの料金システムや利用の流れをご紹介していきます。
サイトやアプリによって多少の違いはありますが、正しいフローを把握しておくことで危険なリスクを回避出来るかもしれません。
また怪しいメール占い会社の特徴もこちらでご覧いただけます。

チャット占いの料金システムと利用の流れ

チャット占いを楽しむ女性

チャット占いは時間制、文字数制があります。
どちらも一長一短となりますので、詳しくシステムと利用の流れを見ていきたいと思います。
メール占いよりも最近にできた新しいサービスなので、システムなども便利になっているようです。

アプリとサイトはどっちが使いやすい?

アプリorサイト

スマートフォンが普及したことで、サイト上からではなくダウンロードしたアプリから占い鑑定を行うサービスが増えてきています。
特にチャット占いやテレビ電話占いの場合は専用のアプリを使うことが多いようです。
メール占いの場合はまだホームページ上から受け付けているところが多いですが、今後はそういった専用アプリも増えてくると思います。
アプリとサイト、どちらか便利か検証します。

メール占いの方が騙されやすい!?

危険なメール占い

悪質な電話会社による汚い手口と同様に、メール占いでも悪徳業者に騙される危険性があります。
しかもメール占いはリアルタイムなやり取りができないので電話占いよりもリスクが高い場合があります。
メール占いで悪徳業者に騙されないための手段をお教えましす。

専門と併設はどっちがいいか?

専門or併設

メール占いやチャット占いの専用サイト・専用アプリ電話占いサイトに併設されているメール占いサービスはどちらの方がいいでしょうか?
使い勝手やメリットデメリットも変わってきますので、それぞれ見ていきたいと思います。
すでに電話占いにドップリ嵌ってしまっている人は併設サービスの方がいいかもしれません。


メール占いに本物の占い師は在籍してるか?

メール占いやチャット占いは電話占いよりも相手の占い師の情報を得られないので、その占い師がホンモノなのかどうかを見極めるのはとても難しいです。
というか、そもそもメール占いやチャット占いの世界にホンモノの占い師は在籍しているのでしょうか?
メール占いやチャット占いを専門で行っている運営会社とは若干繋がりが薄いですが、可能な範囲で調査をしてみました。


実証1:調査中に出会うことはなかった

ホンモノの占い師には遭遇しなかった

残念ながら調査として覆面鑑定をしている間にホンモノの占い師に出会うことはありませんでした

感覚的な比率としては、
悪質な偽物占い師:70%
普通の占い師:28%
能力がありそうな占い師:2%

くらいかなと思います。

やはり一方的な文章のみの鑑定となりますので、的中率も電話占いと比べると極端に低いように感じました。
特に悪質だと感じた占い師に関しては、”ほぼテンプレをコピーしただけ”というような内容でした。
占い鑑定をして出た結果ではなく、「こういう質問が来たらこう返す」というのが見え見えで、トータル的に文章を読んでみるととんでもなく支離滅裂な内容となっていました。
メール占いがここまでレベルの低いものだとは思っていなかったので非常にショックでしたが、実際に使ってみてシステムを理解してみると納得もできました。

しかし調査を行ったメール占いの中の占い師が全員悪質な偽物というわけでもなさそうで、少数ではありましたが普通に鑑定してくれる普通の占い師の方も複数確認できました。
ですが的中率は低いです。ちゃんと占ってくれているのは伝わります。
こうなってくると、”メール占い”というシステムそのものが、占い鑑定には不向きなスタイルなのではないかと思いました。

とはいえ人気が高いメール占いなので、諦めずに多方向から調査を続けてみました。


実証2:在籍名簿の中にはホンモノの占い師も含まれていた

ホンモノの占い師は在籍していた

当サイト独自の裏ルートから入手したとあるメール占い会社の在籍名簿の中に、ホンモノの占い師の名前を発見しました!
なのでメール占いの中にもホンモノの占い師は在籍しているということになります。

しかし勤務状態を聞いたところ、現在は無期限の休業中とのことでした。
復活されたら是非鑑定していただきたいです。

この他にも非常に少数ではありますがホンモノの占い師の方もメール占い会社に所属していることがわかりました。
出会える確率は低いですが、運がよければホンモノの占い師にメール鑑定してもらうことも可能なようです。

また「メール鑑定専門サイト」よりも「メール鑑定もしている電話占いサイト」の方が本物の占い師に出会える確率は高くなっています
理由としては、電話鑑定をメインで行っている合間にメールでの鑑定も同時に行っているからのようです。

やはりメールでのみの鑑定となるとお互いに一方通行な言葉しか伝えられませんので、そういった部分も当たる鑑定の難しさに繋がっているようです。


実証3:電話占いよりもメール占いの方が危険な悪質会社が多い

怪しいサクラのバイト

電話占いよりもメール占いの方が悪質な手口を働く悪徳会社が多いことがわかりました。
直接会話を交わすことなく鑑定が行われますので、従業員の勤務態度や育成レベルもとても低いようです。

電話占いであればいくら悪徳業者であっても”最低限のお客様サービス”は意識して教育されていますが、メール占いの場合は”サクラのバイト”程度にしか思っていないアルバイトスタッフが多いようです。
質の悪いメール占いになると、もはや相談内容すら無視したただのテンプレートであることもあります。

また自由入力型のメール占いではなく、生年月日だけを入力して送信するタイプのものはほぼ全てがコンピューターによる自動返信です。
こういったタイプのものは「無料占いサイト」という窓口から顧客を確保しており、自分が気がつかないうちに課金してしまっていたという危険なケースもよく聞きますので、十分な注意が必要になります。