チャット占いの料金システム

チャット占いの料金システムは”時間制”と”文字数制”の必ずどちらかになります。
それぞれ一長一短がありますので、詳しい料金説明と一緒に解説してみたいと思います。

チャット占いの料金システム

時間制の場合

時間制の料金システムの場合、課金方法は電話占いとほぼ同じになっています。
電話占い同様、初回10分無料などのサービスを行っているチャット占いサイトも多いです。

時間制の場合は時間内であればいくらでも相手の占い師とメッセージのやり取りができます
もちろん時間延長も可能です。
可能な限りスピーディーにタイピングすることでより濃厚な鑑定時間を得ることができるので、絶対に聞きたいことや簡単な返事などはあらかじめ予測変換に登録したり、すぐにコピペできるところに用意しておくと便利です。

気になるのは相手の占い師のタイピングスピードですが、さすがにクレームに繋がるほどタイピングが遅い占い師はいないようですので、その点は安心して大丈夫です。
むしろ良いか悪いかは別にして、相手の占い師も簡単な定型文はすぐに送信できるようにあらかじめ用意しているようです。

タイピングが遅い人は時間制の料金システムだと損をしてしまうことがあるので、タイピングの練習をしておくか、別の方法で鑑定をしてもらいましょう。

文字数制の場合

文字数制の料金システムの場合、1文字あたり何円かで料金が計算されていきます。
相場としては1文字3円くらいが平均です。

文字数制の場合、基本的には自分が送るメッセージと占い師から受け取るメッセージの双方が課金対象となります。
ただ全ての文字に料金がかかるわけではなく、無料で送れるスタンプ機能が使えたり、占い師から課金非対象のメッセージが送られてくるサービスがあるものもあります。

1文字あたりに料金がかかってきますので、重要となるのはどれだけ簡潔な言葉で言いたいことを伝えるかという能力です。

例えばですが、
「結婚できるか不安です。私はいつ頃結婚できるのか占ってください。」
という文章は31文字なので、3円で計算すると93円になります。

これを簡潔に、
「結婚の時期をみて」
とすれば、8文字なので3円で計算しても24円で収まります。

もちろん前者のほうが丁寧ですし、意味も伝わりやすいですが、文字数制の場合は相手の占い師も簡潔な言葉に慣れていますので十分に意味は伝わります。
逆に相手の占い師もクレームにならないようにできる限り簡潔な言葉を使って鑑定してくれることが多いです。
また時間に縛りがないので、鑑定の時間はとてもゆったりしたものになります。
じっくりと言葉を考えながら発言できるので、一言一言に無駄がなくなります。

時間をかけながらじっくりと鑑定していきますので、時間がない方には不向きかもしれません。
またある程度日本語能力もないと楽しく利用できないと思います。

チャット占いの利用の流れ

基本的な操作は時間制も文字数制も然程変わりません。
今回は専用アプリを使った場合をモデルにして大まかな流れをご紹介していきたいと思います。

チャット占いをする占い師
①ダウンロード&システム確認

まずはアプリのダウンロードをします。
料金システムを確認することも忘れないようにしましょう。

②プロフィール入力

誕生日や出生地出生時間などの項目を入力します。
これは鑑定の際に無駄なやり取りを削減するためのものになりますので、面倒くさがらずにきちんと入力したほうが身の為です。
ものによっては相性占いしてもらいたい場合の相手の情報が入力できることもあります。
これもとても便利な機能なので、どんどん使っていきましょう。

③占い師を決める

一通り登録が済んだら占い師を探しましょう。
ざっくり見た感じですが、電話占いよりも待機人数がとても少ないです。
お目当ての占い師がいれば予約したほうがいいと思いますが、今すぐ占いたい場合は対応可能な占い師の中から探すしかありません。
占い師のバリエーションが少ないという意味では、電話占いよりも劣っています。

④鑑定を始める

占い師が決まったら鑑定をスタートします。
鑑定がスタートすると、時間制の場合は残り時間もしくは経過時間が表示されます。
文字数制の場合は残りポイント数が表示されています。
こうして鑑定料金をリアルタイムで確認できるのはとても素晴らしい機能です!
個人的にはこの部分に非常に惹かれました。

⑤延長が必要な場合は課金する

アプリのチャット占いでは後払いシステムというものが基本的に存在しません。
その場で先にポイントを購入しなければ続きの鑑定をしてもらえません
鑑定を延長したい場合は課金催促の画面に従って課金してください。

⑥鑑定終了後

チャット占いは鑑定が終了した後で、会話の履歴を閲覧することができます。
これもとても便利な機能です。
無期限で履歴を保存してくれるものもありますが、○日間と期限が決まっていることもあります。
特に時間制の料金システムであればとてもスピーディーに話が進んでいきますので、あとでゆっくりと内容を確認することを忘れずに。
また文字数制の料金システムであれば相手の占い師に対して素っ気ない言葉で会話しがちになりますので、レビューなどで感想の言葉を丁寧に伝えるのも良いと思います。

⑦利用料金とフローのまとめ

今回は利用の流れはアプリを使ったものを想定してご紹介していますが、サイトを利用したものでも概ね同じようなフローとなります。
利用料金に関しては、アプリの場合は全て前払いとなりますが、サイトから利用した場合だと後払いが可能な場合もあります。
いずれにしろ課金方法は「時間制」か「文字数制」の必ずどちらかになります。
どちらが自分に合っている鑑定方法なのかよく確かめてから利用することをおすすめします。

チャット占いは最近できたばかりの新しい鑑定スタイルですが、個人的にはとても気に入っています。
相手の占い師の声が聞こえないので、本当に本物の占い師が相手にしてくれているのかイマイチわからないというデメリットも持ち合わせていますが、それ以上に便利な機能が目につきました。

今後より発展していくであろうチャット占いの業界、是非一度ご体験ください。