運気UP・気(オーラ)を整えるなら風水鑑定がおすすめ

生活の基盤となる【土地】【家宅】【オフィス】などの風水を整えて運気を上げましょう!

中国から伝えられ、日本でも定着した”風水”の教え。
熱心な人は引越しのたびに専門家の意見を求めることもあります。

電話占いの中にも風水に詳しい占い師がいて、電話越しに風水のアドバイスをしてくれます。
相談者がすることは、具体的な風水の実践や心構えの実践となります。

誰でも知っているような情報はインターネットや雑誌でもよく目にすることができますが、専門家に相談することでより詳しく、更にご自分の状況にあったアドバイスを貰うことができます。

漠然と「金運を上げるなら西に黄色のものを置け」と言われても、間取りによっては実践できないこともあります。
そういった一人ひとりの状況に合わせて風水を見てくれるのが専門家の仕事です。

家の間取り図

捜索ポイント1
東洋の占術を得意としている占い師を選ぶ

風水というものは基本的に中国の陰陽五行思想から発展したものなので、やはり東洋の占術に長けている人の方が知識が深いです。
風水をメインにしている人が見つかればそれに越したことはないのですが、電話占い師の中にはそういった占い師がとても少ないです。
なのでせめて東洋占術を専門としている人を選んだほうが良いでしょう。

そもそも風水をきちんと見ようと思ったら電話越しだけでは難しいので仕方ないと思いますが、個人的にはもっと増えてくれたら嬉しいなと思います。

最近では写真を電話占い師に見せながら鑑定できるようなスタイルを取り入れている電話占い会社もあるので、部屋の間取りなどを見てもらいたい時は便利に使えそうです。

捜索ポイント2
鑑定経験が多い占い師を選ぶ

風水はこと細かい情報を分析してアドバイスをしていきます。
場数を踏んでいる鑑定士の方が頭の回転も早く的確な答えを出してくれるでしょう。

経験している数が少ないと柔軟な思考で対応するにも時間がかかりますので、その分利用料金が跳ね上がってしまいます。
リーズナブルな金額で占ってもらうためにも、経験豊富な占い師を選んだほうがいいでしょう。

捜索ポイント3
必要な道具や情報を予め揃えておこう

風水を見てもらうために必要な道具や情報は先に集めておきましょう

例えば方位磁石、今ではスマートフォンにこの機能が付いていますので、それで構いません。
あとは見てもらいたいことに合わせて間取り図や見取り図、近辺の地図などがあってもいいと思います。
相手に写真を見せられる場合は外観写真などを撮っておくとよいでしょう。

住宅街の長閑な風景

出張鑑定でより詳しく鑑定してもらう

家の中にいながらにして鑑定してもらえる電話占いというスタイルは、風水を視てもらうのに最適な方法と言えるかもしれません。
しかし、もっと確実な方法として、鑑定士に自宅まで直接訪問してもらう出張鑑定という手段もあります。

もちろん出張鑑定のほうが電話占いよりも高くつきます
鑑定料プラス出張費が必要になりますので、場所によっては相当高額になる可能性もあります。

ですがやはり直接その場を観てもらうこと以上に確実なことはないでしょう。
専門的な道具を使うこともできますし、家の中だけではなく、周辺の環境も併せて鑑定してくれます。

電話占いのような手軽さはありませんが、差し迫って解決したい重大な問題を抱えている場合は出張鑑定もアリだと思います。

どうしても電話鑑定で解決したい場合は、なるべく詳しい資料を用意しておくようにしましょう。
画像を占い師に見せることが出来る電話占いサイトであればベストです。
またアドバイスがとても細かい場合もあるので、忘れてしまわないようにメモを取れる環境を整えておいたほうがいいでしょう。

電話占いで活躍している風水師の中には、霊視を併用する人もいます。
しかし残念なことに、多くの場合でこういった霊能者は偽物です。
ですが中には本物の能力者もいます。
そういった鑑定士に出会うことができれば最高です。