運気UP!開運、厄落とし、ヒーリングの占い

なんだか最近調子が出ない・・・
何をやっても裏目に出てしまう・・・

とお悩みの方におすすめなのが”開運・厄除け・ヒーリング”に強い占い師です。

「占いで厄除け?」と思われるかと思いますが、”悪い運気を落とす”という意味で見ていただければと思います。

開運や厄落としは基本的に自分自身で行うものです。
自分は何もしないで他人にお願いしただけで変わるというものではありません。

相談内容によっては風水による開運方法を伝授するだけではなく、気持ちの持ち方や気構えを教えてくれることもあります。
これも自己啓発本やメソッド本などで目にすることができますが、一方的に「こういう時はこうやって考えて」と言われても耳に入ってきません。
直接プロに相談することで自然と言葉を受け入れることができるようになるのです。

これは見方によってはインチキ臭くて滑稽に見えるかもしれません。
しかし古来より伝わっている信仰や悟りの精神はこういった部分を大いに含んでいます。
人間が心体共に健康に生きていくために必要なことなのです。

こういった事を踏まえて最適な占い師を選ぶ方法を少しだけ提案したいと思います。

祈る女性と神秘的な月

捜索ポイント1
ヒーラーとカウンセラーの違いを知る

まずヒーラーとカウンセラーの違いを知りましょう。
すごく大雑把に言えば同じようなことをしているように見えるのですが、微妙に違いがあります。

まずどちらにも共通しているところが”相談者の話を聞く”というところです。
この”話を聞く”というのが最も重要になります。
ただ聞けばいいというものではないのです。
上手に相手から話を引き出して、膿を出して、癒してあげる
この過程が案外難しいのです。

さらに共通しているところは”相談者の心のケアする”ということです。
心を癒す、心を軽くしてあげるのがお仕事です。

ここから違ってくるところは、ヒーラーはここから更にエネルギーを送ったりエネルギーを受け取ったりするのです。

うーん、正直信じていいの??
と思ってしまいますが、人間は確かに「気」というものを持っています。
目で見えて分かりやすい例えとしては合気道ですね。
その「気」を送ったり受け取ったりすることは可能です。
ヒーラーはこの力を使って相談者を癒していきます

この違いを先に覚えておきましょう。

捜索ポイント2
モノを買わせたがる占い師は偽物と思ってよい

開運術のひとつとして広く有名なのがパワーストーンです。
たしかにパワーストーンには開運の力が宿っています。
効果がない人には著しくないですが、効果が現れる人もいます。

開運術を授けるにあたって、相談者に必要なパワーストーンを選んでくれる占い師もいます。
パワーストーンは意外に奥深い世界なので、専門家のアドバイスという意味ではとても助かります。

しかし、ここで気をつけなければならないのが”押し売り物販のリスク”です。

通常の(悪徳じゃないという意味で)占い師であれば、パワーストーンの種類を教えるだけで何かを買わせようとはしません。
しかし悪質な電話占い会社に在籍している占い師はここぞとばかりに高額な商品を売りつけてこようとします。
この場合は100%偽物のインチキ占い師だと思ってください。
間違っても買わされないように注意しましょう。

パワーストーンと怪しい占い師

”霊感ヒーリング”には注意が必要

普通のヒーリングはいいとして、「霊感ヒーリング」や「遠隔ヒーリング」や「波動修正」などの言葉には注意が必要です。

この手のヒーリングとは電話越しからエネルギーを送って依頼主を癒しますよというものなのですが、中には「では始めます」といって特に会話もなく、しばらくしたら「はい、送りました」で終わるような人もいます。
それで利用者が”癒された”のなら構いませんが、こういった場合は99%が偽物です。

本当に癒されたいならこういったインチキ占い師ではなく、きちんと技術があるヒーラーか、ほんのひとつまみしかいない”ホンモノ”にお願いしたほうがいいでしょう。