闇金も顔負け?未納者への追い込み請求

電話占いでは利用料金が後払いシステムであることがしばしばあります。
もしも気がつかないうちに長話してしまい、想定していた利用料金よりも使いすぎてしまったら…。

未納者への督促状

予想外の高額請求にすぐには対応できない利用者もいます。
「闇金じゃないんだから、少しくらいは待ってくれるだろう」なんて甘い考え方は今すぐに改めてください。
道徳心で言っているのではありません、あなた自身のために忠告しているのです。

もしご自身や近しい人物が闇金をご利用されたご経験があればお分かりかもしれませんが、闇金の取立ては想像を絶する方法で債務者を追い詰めていきます。
時には債務者を自殺にまで追い込むほどです。

電話占いでもしも未払いが発生してしまった場合、闇金の取り立てと同じレベルの追い込みをされる可能性があります。
いえ、なまじ合法な商売である分、余計にタチが悪いかもしれません。

私が以前電話占い会社で働いていたとき、自殺未遂にまで至り、その後も普通の社会生活が送れなくなってしまった方をこの目で見たことがあります。

電話占いの未払い請求に追われ自殺未遂に至る

ある利用者は電話占いの中毒性にどっぷりとハマってしまい、最初の月だけで20万円近く利用し、次の月にも30万円を超える利用を繰り返していました。
この時点で既に50万円以上もの利用料金を電話占いに支払っていたのですが、さすがに蓄えが尽きたのでしょうか、ついに10万円分の利用料金が期日までに支払われず、未納者となってしまったのです。
メールや電話による催促にも応じず、最終的に債権回収業者に回されることになりました。

債権回収業者に回されてからはその後その方がどうなったのか私には情報が降りてきませんでしたが、その方がもう一度私が努めていた電話占い会社を利用することはありませんでした。

よくあるケースですが、電話占いの中毒性にハマってしまうと一つの電話占い会社だけでは満足できず、いくつかの電話占い会社を同時に併用してしまう方がいます。
もし同時にいくつもの電話占い会社を併用していたとすると、一つの会社の取り立てだけではなく、同時に複数の会社から未納料金を請求され続けることになります。
この精神的負担はかなり大きいものになるはずです。

ただでさえ自分ひとりでは解決できない悩みをもって電話占いを利用しているのですから、そこに”借金”とい新たな問題が覆いかぶさってくるのです。

私が働いている時に目にした自殺未遂をした方もそうでしたが、家庭内の問題からうつ病を発症し、その後電話占いにハマって消費者金融にどんどん借金を繰り返し、やがては自殺未遂に発展してしまったのです。
それでもその利用者は電話占いを辞めることはありませんでした。

その人にとって電話占いがどれほどまでに大きな存在になっていたかは容易に想像できます。
電話占いの最大の魅力は”匿名性”にあります。
身近な友人や家族には相談できない内容でも、電話占いでは個人を特定させることなく心置きなく相談することができるのです。

そして気持ちの捌け口を電話占いに頼ってしまった結果、それまでの問題に加えて借金問題まで抱えてしまうことになってしまったのです。

電話占いで料金を未払いにしてしまった場合の追い込み請求は非常に恐ろしいものですが、それ以前に人を中毒にしてしまう”電話占い”というサービスそのものが問題の根底にあるのです。

債権回収業者による未払い請求

未払金の追い込みに駆けつける債権回収業者促状

電話占いで未払いが発生し、しばらく精算されなかった場合は債権回収業者に委託されます。
債権回収業者は借金を回収しようと執拗に追い込みをかけてきます。
心が弱い人はそれだけで精神的に参ってしまうと思います。

そして忘れてはいけないこと「電話占い会社は詐欺師の集団」です。
もちろんバックには闇組織がついていると見て間違いないでしょう。
つまり”債権回収業者”といういかにも合法的な商売を名乗っていますが、その中身はヤクザのような冷徹な人間の集まりなのです。
(※実際債権回収業者は合法な商売ではあります。しかし弁護事務所が行っている債権回収ではない場合、本当に暴力団関係が行っている場合もあります。)

では具体的にどんな取り立てにあうのか、順追ってみていきたいと思います。

未払金追い込みの流れ

①電話による取り立て
電話による取り立て風景

まず電話による取り立てが始まります。
1日に何回も、繰り返し繰り返し電話がかかってくるようになります。

ただ法律上の問題があるので夜中から早朝にかけての電話はないようです。
しかし鳴り止まないコールにこれだけで精神的に参ってしまう人もたくさんいます。
できればこの時点でそうそうに精算してしまったほうが良いです。

②法的な手紙が送られてくる
電話占い利用料金の未払いに対して送付された内容証明郵便

内容証明郵便というものが送られてきます。
これはかなりのプレッシャーになります。
こうなってくると同居している家族に万が一見られてしまった場合、家庭問題に発展する可能性があります。
よく家族が知らないうちに借金をしていて郵便物から発覚したという話を聞きますが、大体こういった手紙からバレてしまうのです。

③自宅に取り立てに来ることもある
自宅への未払金取り立て

電話にも手紙にも反応がなかった場合、自宅まで業者が訪問してきます。
こちらも電話による取り立てと同様、夜中から早朝にかけてはないようですが、昼間であっても業者が取り立てに来たとしたら、家族の目だけではなくご近所にも変な目で見られてしまうことでしょう。

④最終的には財産差し押さえ
差し押さえを受けた銀行口座

これでも支払いがない場合、最終的には法的手段によって財産を差し押さえられてしまいます。
銀行の口座を始め、不動産などの財産も差し押さえられます。
たしかにこれで精算はされるかもしれません。しかしその後の人生はどうなるでしょうか?
ここまでされて、これまでと同じ生活が送れるとは思えません。

電話、手紙、訪問による執拗な取立て。最終的には財産の差し押さえです。
「ついつい長話をしてしまった」というだけでこれだけ恐ろしいことが待ち受けているのです。
電話占いという詐欺のような商売がどれだけ恐ろしいものかお分かりいただけたかと思います。

では安全に電話占いを利用する方法は全く無いのかというと、そうでもありません。
電話占いを安全にお使い頂ける方法をお教えしたいと思います。

借金の心配なしで電話占いを利用

安全な方法で電話占いを利用する女性

電話占いを借金の心配なしに利用するには”安全な電話占い会社を選ぶ”ということが第一前提になります。
そして安全な電話占い会社を選んだ上で次に”先払いシステムを利用する”ということが第2ポイントになります。
「電話占い会社の仕組み」でも触れていますが、予想もしていなかった高額請求がなされるケースは必ず”後払いシステム”を利用した時に発生します。

そもそも後払いシステムを選択しないこと、予め先払いしておくことで支払い能力を超える高額請求を回避する最善かつ唯一の方法なのです。

安全な電話占い会社では先払いシステムと後払いシステムの両方を取り入れたハイブリットスタイルを採用しています。
出来る限り料金は予算内で先に支払っておいて、後から請求されることがないようにしてください。

先払いは特典もアリ

先払いシステムを利用した場合には、特典として無料通話分をもらえることがあります。
これは後払いの場合には受けられない特典ですので、かなりお得になります。
例えば同じ1万円の課金だったとしても、
先払いで1万円課金→10,000ポイント+500ポイント(特典)
後払いで1万円課金→10,000ポイントの超過精算のみ
ということになります。

運営会社によって特典がどれだけ受けられるのかは変わってきますが、先に課金する金額が大きければ大きいほど特典ポイントも増えてお得になっていきます。

電話占いは占い師の口車に乗せられてついつい長話をしてしまうというところに大きな落とし穴が潜んでいますので、予め少し多めにデポジットしておいたほうが後々安心して利用できます。

また料金を先払いしておくことで”心の歯止め”にもなります。
電話占いを利用する際は必ず「先払い」を選択し、もしもの借金や取り立てのリスクがないようにしてください。