電話占いでも活躍している占術・周易(しゅうえき)について

周易とは中国の古典にある「易経(えききょう)」と呼ばれる書物に記された占術のことです。
周易では、占いでよく見かける細い竹の束状の棒を使用します。
さらにサイコロ、コインなどを用いて八掛(はっけ)と呼ばれる基本シンボルを組み合わせ、易経を照らし合わせて占っていくという中国の占術です。
周の時代(紀元前十一~八世紀)に文王が作成したことから、「周易」と呼ばれています。
また、周(まねく)易(変化)を説く書という意味を持っています。

周易は古代中国で生まれた古い占い術の1つで、4000年という長い歴史があります。
「YESかNOか」など、答えがハッキリとでるため、仕事や恋愛、人間関係、方角や家庭運など様々な分野を扱える占術の1つでもあります。

周易の特徴

「全てのものは【陽】と【陰】から成り立つ」という陽陰説が元となっている占いで、陰と陽の8×8=64ある卦の組み合わせから吉凶を占い、答えを出します。

使用される道具

周易に用いられる道具のイラスト

主に2つの道具があります。

筮竹(ぜいちく)

著(めどき)と呼ばれる植物を用いていたと伝えられています。
細い方を基、太い方を末とし、基本的筮筒に卦を立てていきます。

算木

占筮で得られた卦を机上に表すための筮具で4つの面を持った6本の木片です。
二面ずつで陽爻と陰爻を表現します。これを展開させ、様々な角度から易の卦をみていくことが可能になります。
算木の種類には両儀算木と四象算木の2種類があります。

サイコロ(周易で使用されるもの)

角に丸みがあり、一般的なサイコロとは違い漢字表記なのが特徴です。
また、サイコロの他にも簡易的に占えることからコインも使用されます。

筮竹を用いた基本的な占い方法

周易をしている占い師のおじさん

① はじめに占っていく目的を決めましょう。

② まず六十四卦のうちの下の卦を、筮竹を使って求めます。
50本の筮竹から1本を選び抜いたものを筮筒に立てます。
(※この時引いた1本は太極を表し、占いを正しく行う場を作るために立て卦けられます。この卦を立てることを、立卦(りつぜい)と呼びます。)

③ 残った49本の筮竹を集中して2つに分けます

④ そのとき左に持った方は天を表し、右手に持った方は地を表します。
右手の地の方を机に置き、その置いた中から1本だけ取り出し左手の小指に挟みます。

⑤ 左手に持った筮竹の中から、小指に挟んだ数も合わせ、残りの数が8本以下になるまで8本ずつ数えていきます。
余りの本数から、以下の八掛を当てはめていきます

余り1本・・・乾=天

余り2本・・・兌=沢

余り3本・・・離=火

余り4本・・・震=雷

余り5本・・・巽=風

余り6本・・・坎=水

余り7本・・・艮=山

余り8本・・・坤=地

ここまでが内卦です。

⑥ 次に内卦同様のやり方で(外卦)を決めていきます。
この8本以下に余らす工程を2度やることで、64パターンの六十四卦が完成します。
ちなみにこの六十四卦は別名『大成卦』とも言います。

⑦ 六十四卦の中でキーポイント(爻)となる位置を得るために、もう一度立磁を行います。
今度は、先程の8本より少ない、6本以内になるように数えていきます。
余りの本数から「何番目の爻を得た」と判断していきます。

余り1本・・・初爻

余り2本・・・二爻

余り3本・・・三爻

余り4本・・・四爻

余り5本・・・五爻

余り6本・・・上爻

※余りが1本と6本のときだけ読み方が違うので注意しましょう。

電話占いでの周易

周易は一見難しそうに見えますが、一度覚えてものを揃えてしまえば、誰でもできる占術です。
そのため、電話占いでも頻繁に用いられ、周易のできる占い師は非常に多いです。

また同様に、馴染みのある占い方や答えもハッキリと出ることから、利用者の数も多くなっています。
よく街中で使用する占い師を見かけるくらい有名な占術なので、足を運ばなくても気軽に行える周易は、電話占いの中でもオススメだと考えます。