夢に隠された自分の本心を知る

夢を見ている女性

夢占いとは、夢の中で見た状況や人物、生き物や建物などから、自分の潜在意識を暗示する事柄を鑑定する占術です。
世界的に人気のある占術で、国ごとに鑑定基準が異なるという特性があります。
日本では江戸時代から存在し、現代に至るまで長く親しまれています。
また、日本で古くから語り継がれている「一富士二鷹三茄子」は夢占いにおける「吉夢」の代表的な存在と言って良いでしょう。

夢は記憶と深く関わっており、見た夢を鑑定することで自分では全く意識していなかった本心や潜在意識を読み解くことができます。
それにより、抱えている悩みを良い方向に進めることができるとも考えられているのです。
また、現在の自分の心理状態を知るだけでなく、そこから近い未来に起こる出来事を予測するものでもあります。

夢の種類

夢占いの解説書

夢の中には様々な人物や動物などが出てきますが、それぞれに意味が存在します。
さらにそれがどのような行動をとったか、どのような状況に置かれていたかなどで夢に対する解釈が大きく変わり、夢の種類は様々なものが存在しています。

吉夢

吉夢とは、運気の上昇を暗示する縁起の良い夢のことです。
身の回りのことが上手くいったり悩みが解決されたりするなど、自分にとって良い出来事が訪れる予兆になります。
一富士二鷹三茄子は有名ですが、他にも赤ちゃんや蚕、カエルなども吉夢の象徴とされており、意外にも自分が死んでしまう夢も吉夢とされています。

凶夢・警告夢

不吉な出来事の前触れを表す、凶夢・警告夢。
蛇が出る夢は基本的に凶夢とされ、状況によって病や借金、対人トラブルなど様々な出来事を表します。
他にも荒れた海や地震、歯に関する夢などが不幸の前触れを表していると言われています。

逆夢

逆夢とは、現実とは真逆のことが起こる夢です。
例えば、悲しいことがあって大泣きする夢は、実際にはストレスや不安が解消されるため逆夢と言われています。
逆に、叶わないはずの願望が夢の中で叶ったら、それは現実で願望が叶わなくなる決定的な出来事が起こるサインかもしれません。

正夢・予知夢

夢で見た出来事が現実でも起きることを正夢と言います。
これは実際に現実に起こらないと判断しにくく、逆夢との判別が難しいです。
潜在意識が感じ取ったものが夢として現れていると考えられており、夢から覚めた時に「正夢になるかもしれない」という不思議な感覚が訪れることもあります。

そして予知夢とは、これから起こる出来事が夢に出てくるというものです。
正夢と違うのは、自分が全く見たことも行ったこともない場所や物が出てくるということ。
例えば、行ったこともない土地で起こる大地震の夢を見てそれが現実になるといった現象です。
よりスピリチュアルなイメージに近く、超能力の1つとも言われています。

このように自分が見た夢の意味を正しく分析することで、悩みの解決やトラブルの回避などに繋がります。
しかしこれらはあくまでも大まかな判断基準であって必ずしもこの限りではありませんし、自己判断するのは難しいものです。
夢占いを得意とする占い師に鑑定してもらうことで、思ってもみなかった自分の本心やこれからの出来事が見えてくるかもしれません。

電話占いにおける夢占い

電話占いでも夢占いの鑑定は可能です。
鑑定の際は、夢の内容を覚えている限り細かく伝えましょう。
誰が、どこで、何をしていたのか、どんなことが起こったのかなど、詳細を伝えるとより正確な鑑定結果を得られるようになります。
夢に出てきたものに対してどう感じたのかも鑑定に重要な要素になってきますので、感じたままに伝えましょう。
また、今現在自分がどういった悩み・願望を持っているのかを伝えることで、それらを解決・実現するためのアドバイスも期待できます。

しかしインターネットが普及した現代は、ネットで検索をするだけで無料で手軽に夢占いを診断することができます。
占い師からのアドバイスが欲しい方は電話占いを利用してみても良いかもしれませんが、基本的にわざわざ電話占いで夢占いをしてもらう必要は無いでしょう。