電話占いでも家相や風水って視てもらえる?

間取り図とコンパス

ネットなどで検索をかけると必ずセットで出てくる家相と風水
実はこの2つはセットにされていますが、家相と風水では意味が異なってきます。

まず、家相とは、日本の気候や風土に合わせた住みやすい家造りのコツを集めた生活の知恵です。
そして風水は、どのような土地に家を建てると住みやすく良い環境かを見極める知識と言えます。

また、家相と風水では作られた国も異なり、風水は中国から日本に伝わったもので、家相は風水を取り入れ、九星気学の考えを元に日本で整え直されたものです。
主に家を建てるときや、住む場所を変更する時に使われる占術です。

家相や風水を組み合わせ考えた家はとても住みやすく、家族関係も良好で快適に暮らせるとも言われています。
また、仕事が上手くいかない人や体調を崩しやすい人は、家相や風水上やはり運気の良くない場所に住んでいたり、自ら運気を下げる配置にしてしまっていたりする傾向があります。
昔は家を建てる時に「鬼門」を必ず避けて建てていたり、風水なども考えて配置された家ばかりでした。
しかし、最近では狭い敷地ではどうしても間取りは限定され、部屋の数が求められるため、家相・風水を無視した家が多くなっています

そういった家は、入った瞬間から空気が重々しかったり、部屋が暗く感じたり、落ち着かなかったりと直感的に「ここには居たくない」と感じさせるものがあります。
「家の気」が乱れると自然と自分の気持ちも不安定になりがちです。
もちろん金銭面や職場関係などの問題ではその家がベストかもしれませんが、悪い気を引き込んだ部屋は必ず体調や環境といった何かしらに悪影響を及ぼします。

もし、現段階でそう感じる家に住んでいるとしたのならば、家相や風水を考え直した家に住み直すと、1年以内には嘘のように人生が好転するとも言われています。

家相・風水で大事なこと

家相・風水で大切にしている考え方をご紹介します。

  • 川や道路などの自然環境の良い住みやすい土地を選ぶこと
  • 周辺の環境が良く、安心して暮らせること(近所の人との関係や周りの建物など)
  • 家の使い勝手が良く、生活がしやすいこと(間取りや配置)
  • 心身ともに健康であること(圧迫感を感じたり、何度も体調を崩していないか)
  • 家族関係が円満であること

これらは、江戸時代であっても現代であっても、基本的に変わりません。
人として幸せに暮らしていくために大切にしたい要素です。
これらを実現化するために気を付けたいことが下記のとおりです。

  • 家の中に自然な明るい光が入ること(ライトを点けなくても時間帯がわかるような)
  • 涼やかな風が通ること
  • 温度や湿度が一定に保てる状態であること
  • 家の形をデコボコさせすぎないこと

上記のことに気を付けて家づくりをすれば、家相的に運気の良い間取りの家になります。

家を建てる・部屋を変更する時に気をつけたいこと

吉(良い運気)も凶(悪い運気)も玄関から入ると言われています。 そのため、家相について詳しくわからなくても、最低でも玄関(入り口)だけは意識するようにしましょう。 また、家相で一番悪いことは、鬼門と裏鬼門のライン上に玄関を配置した間取りです。 鬼門と裏鬼門は最も凶の方角なので、最凶の運気を家に招き入れることになります。

和やかな雰囲気で清潔なトイレ

家相を踏まえ、やってはいけないこと

家相では、三所に三備を備えてはいけないと言われています。

三所とは⋯鬼門(北東)・裏鬼門(南西)・宅心(建物中心)
三備とは⋯トイレ・キッチン・玄関

水まわりをきれいにすると運気が上がるといわれるほど影響しやすい水回りを、運気の悪い場所に配置しないよう注意しましょう。

正中線・四隅線には不浄な部位を配置しないようにしましょう。

トイレ・浴槽の排水溝・キッチンのシンク・コンロ・出入りできる開口部(ドアや掃き出し窓など)は、家相では不浄とされています。
この不浄の部位を、正中線や四隅線にかかるように配置してしまうと、凶を呼ぶとされているので、これらの不浄の部位は正中線・四隅線に乗らないように計画してください。

電話占いにおける家相・風水

主に引っ越しや旅行の吉方や凶方を占う家相・風水の占いですが、恋愛・結婚・復縁・仕事などの相談で相手との相性や状況、未来を読み取ることもできるため電話占いでも非常に人気のある占いの1つです。
また、占いに詳しくない人でも家相・風水だけは占ってもらって参考にし、家を決める人も少なくはないそうで、需要度が高いと認識されています。
そのため、家相・風水の占術を学んで扱っている占い師も多くいます。

家相・風水はインチキ占い師がいるかどうかではなく、いわば気の持ちようなどかとは思いますが、やっても損はない占いといえるでしょう。