九星気学とは?

九星気学とは、”九星”と”気学”の二つの言葉が合体した言葉です。
中国で生まれた九星術、その九星術を元に作られた日本独自の占術である気学を組み合わせた呼び方です。

九星気学は主に方角の吉凶を知るために使われます。
旅行、引越し、家相などの時に好まれて使われています。
また方位のみではなく、基本的な性格診断や簡単な相性占いもできます。

一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星
の9つの星と十二支と八卦を使って占います。
占いには生年月日が必要です。

図のように3×3マスの中に数字が割り当てられ、自分の星と五黄を見ながら方位の吉凶を読み解いていきます。

九星気学の図

シンプルに見えますが実際は少し複雑です。
しかし四柱推命や紫微斗数ほどではありません。
年月日による計算に基づいていますので、命占になります。
また暦は旧暦を使用します。

自分の九星を計算してみる

自分の本命星を割り出す計算の仕方です。
本命性は生まれ年のみで計算します。つまり同い年の人はみんな同じ九星に当てはめられます。干支のような感じですね。
で、九星気学は旧暦を使用しますので、1月生まれの方と2月の1日2日3日がお誕生日の方は、生まれ年を前年にして計算します。
(例)1990年1月20日生まれ→1989年1月20日で計算する

まずはじめに、生まれ年の4つの数字をそれぞれ足し算します。
(例)1987年→1+9+8+7=25  つまり、1978年生まれや1897年生まれも同じ数字になる。

上記で出た数字をさらにそれぞれ足す。
(例)2+5=7

その数字を11から引く。
(例)11-7=4

ということで、自分の本命星を割り出すことができます。
例の場合は4だったので四緑木星ということになります。

九星気学の5つの星

九星ごとの大まかな性格診断

・一白水星
器用で真面目な性格です。穏やかで愛情深く、寂しがり屋です。
繊細な神経により、小さなことで悩みやすいです。

・二黒土星
堅実な性格です。真面目で地味な印象ですが、温和でまっすぐな考え方をします。
面倒くさいことが嫌いで、自分の意見と違う話には反発します。

・三碧木星
エネルギッシュで積極的な性格です。強い精神を持っています。
精神が強すぎるが故に、人の痛みに鈍感になることがあります。

・四緑木星
真面目で人のために尽くす性格です。気配りができて、優しい気質です。
しかし物事に対する執着心がとても弱いです。自分の意思が弱いので、人の言いなりになってしまうところがあります。

・五黄土星
豪快で影響力が強い人です。素晴らしいリーダーになるか、その反対に耐え忍ぶか、両極端なタイプに分かれます。
若い時に苦労をした人から信頼されます。逆に苦労をしなかった人は人から信頼されません。

・六白金星
気品漂う真面目な性格です。頭が良く、空気を読むのが上手で、何事もそつなくこなします。
反面プライドが非常に高く、人に下に付くことを嫌います。理想がものすごく高いです。

・七赤金星
言葉巧みな話術と煌びやかな性質を持っています。人の懐に入るのが上手で、出世します。
外見とは裏腹に、内面では広く深い大きな孤独を抱えています。

・八白土星
大器晩成型で実年齢よりも若々しいです。年を取ってからの方が人生を楽しめるかもしれません。
子供っぽく人に頼りがちです。適職を見つけることができれば人が変わったように立派になります。

・九紫火星
おしゃれでセンスが良く、派手好きです。芸術的な才能を持っています。
負けず嫌いで強いビジョンを持っているので、人の話をなかなか聞きません。

九星気学の7つの色

電話占いにおける九星気学

九星気学は基本的に方角を占うものなので、人間関係の相談が多い電話占いの場においてはあまり活躍することが少ないかもしれません。
しかし比較的会得しやすい占術なので、九星気学を扱える電話占い師は多いです。
引越しや転職を機にトラブルが発生した場合は九星気学で方角を視られるかもしれません。
そういった身の変化がある場合には、予め鑑定してもらうとよいでしょう。