”与えられる”運命、その意味と重要性

日本人にとって非常に馴染みが深い「姓名判断」
親から授けられる”運命”の中には、様々な意味が含まれています。

日本で姓名判断が誕生したのは明治のころ。
それまでは身分の違いにより苗字を持たない人が大多数でしたが、一般人にも苗字を与えられるようになってから姓名判断という占術が用いられるようになりました。

日本の姓名判断の原型は中国で生まれたものですが、その占い方はあまりにも日本のそれと違います。
また中国と差異があるだけではなく、宗派によっても占い方が大きく異なります。

日本で最もポピュラーな方法は、名前の漢字の画数を数えて占う方法です。
旧漢字を使う宗派もあります。
また名前の漢字ではなく、”音”で占う方法もあります。

とても歴史が浅く新しい占術である「姓名判断」ですが、多くの親たちが子供の名付けの際に姓名判断を参考にしています。
姓名判断は統計学に分類されます。
実際に行われた実験では、犯罪者の方が一般人もしくは成功者に比べて「吉」となる画数が極端に少なかったという結果も出ています。
まだ歴史が浅いからどこまで信用できるかわからないという一面と、実験でも証明済みという一面の両方を兼ね備えています。

基本的な姓名判断の見方

ここでご紹介する方法は最もスタンダードな漢字の字画で見ていく方法です。
また数え方なども宗派によって異なりますが、ここでは一般的なものをベースにしてご紹介していきたいと思います。

電占裏子の姓名判断
天格

苗字の部分全ての画数を足して割り出します。
苗字なので自由に決められる部分ではありません。
”個人”というよりは”家柄”に近いです。
年を取るほど影響が大きくなってくるとされています。

人格

苗字の最後の1文字と、名前の最初の1文字の画数を足して割り出します。
その人物の主な性格や運勢はここで見ます。
仕事、結婚、家庭など、人生の中期に関係しています。

地格

名前の部分全ての画数を足して割り出します。
その人の性格がここに現れます。
どちらかというと幼少期~青年期にかけての運勢になります。

外格

苗字の最初の1文字と、名前の最後の1文字の画数を足して割り出します。
人間関係や社会との関わりに対する運勢がここに出ます。

総格

苗字と名前、全ての画数を足して割り出します。
年を取るごとに影響力が強まってきます。
大まかな人生の歩みといった感じです。

それぞれ出た数字で「吉」か「凶」になります。
数字によって様々な意味合いがあります。
中には特別な数字があり、強い凶や強い吉になることがあります。(特殊格)

以上の五格が姓名判断のベースになります。
ここから陰陽五行思想を使ってさらに吉凶をみていくことになります。

電話占いにおける姓名判断

電話占いで姓名判断をするイメージ

姓名判断は名前さえ分かれば簡単に占えるため、電話占いでも頻繁に用いられる占術方法です。
姓名判断のみで占うこともありますが、占星術やタロット占いと組み合わせて使われることが多いです。

難しい技術は必要ないので、勉強すれば素人でもすぐに姓名判断ができます。
しかし、命名となると一気に複雑になってきますので、そこはやはりプロにお願いしたほうが早いでしょう。
また無料で姓名判断ができるサイトもたくさんありますので、わざわざお金を払って鑑定してもらうという認識は薄いかもしれません。

電話占いでもなにかのついでに見ることが多い部分ですので、そこまで需要は高くないようです。