電話占いの手相占いはどれくらいの精度で当たる?手相占いや人相占いの概要はこちら

相占の代表各!手相・人相占いで今と運命を知る

人相占いと手相占い

”見た目”から情報を得て占う方法の相占の代表とも言える手相占い・人相占い

手相占いくらいは占いに興味がない人でも、一度はやってみたことがあるでしょう。
生命線が長いと長生きする、真ん中に縦線があると成功する、などなど、小学生でさえも手相占いを楽しんでいます。

人相占いについても以前一時期テレビ番組がきっかけでブームになったことがありました。
耳たぶが大きい人は幸せになれる、目の下にほくろがあると涙もろい、などなど、こちらもどこかで一度は聞いたことがあるようなものばかりです。

まずは手相占いですが、発祥はインドになります。ちょっと意外ですよね!
その後仏教の教えと共に中国へ渡り、そこから中国ならではの東洋易学を交えながら発展し、日本へ入ってきたようです。
なので日本で慣れ親しんでいる手相占いの原型はインドよりも中国よりになっています。
そして、個人的に驚いたのが「中国に仏教の教えが伝わるよりも昔に手相占いが存在していた」という事実です。
まさか手相占いにそんなに古い歴史があったなんて思いませんでした!
古代バビロニアで誕生した占星術といい勝負なのでは・・・。
(占星術についてはこちらからどうぞ)

また手相占いはインドで発祥した占術法ということもあってか、最近まではヨーロッパや欧米ではあまり受け入れられていませんでした。
今のように当たり前に手相占いをやりだしたのはここ1.200年のようですね。

一方人相占いは手相と共にインドで発祥したわけではなく、古代ギリシャで誕生した西洋の占いです。
もっとも、当時の言い方をすれば”人相占い”ではなく”人相学”という学問の一つになります。
人相占いが登場する日本で最も古い文献は室町時代のものですので、手相占いよりもずっと新しいものであると言えます。

手相占いはどこを診るの?

手相占いをするイメージ

漠然と”手”といっても、実は細かく見る部分があります。
素人からしたら「手についたシワをみるんでしょ?」と思うのですが、それだけではないようです。
手相で重要視される手の部位をまとめてみました。

①掌線

これは先程も言った手のシワのことです。
やはり一番目に見るのはこの部分です。
手のシワができる原理としては、普段の手の動かし方や握り方で様々な形のシワが形成されていくようです。

②丘

これは簡単に言うと、手の肉付きです。
細かく別けると、各指の付け根の部分、手のひらの真ん中部分、小指側の下の方の部分、親指と人差し指の間の部分、手首よりちょっと上の真ん中部分で分けられているようです。
この部分の肉付きが薄いか厚いかで判断されます。

③指の形

手相では指の形についても着目していきます。
指が長い、短い、丸っこい、四角っぽい、細い、太いなどから判断します。
また爪の形まで見てくれる手相占い師もいるようです。

④曲がりやすさ

これはあまり一般的な着目点ではありませんが、手や指の曲がり方なども参考にする占い師もいます。

右手と左手どっちを視るの?

手相占いは右手?左手?

手相占いをしようと思ったとき、「結局、右手と左手どっちをみるんだっけ?」と忘れてしまいがちですよね。
右手と左手では読み取れる運勢が違うので、本格的に全てのことを占いたいのであれば両手ともみていくようにしましょう。

右手と左手の違いは下記のとおりです。

右手

後天性の運勢・運命・未来予想。刻々と変化していく手相を占うにはオーソドックスな方です。
また今の気持ちや健康状態も右手で見ます。

左手

先天性の運勢・運命・未来予想。生まれ持ったその人の運命を読み解くならこっちです。
また無意識で考えている感情なども左手からみることができます。

また右利きか左利きかで上記を反転させるという占い方をする占い師もいます。
これは手相占いの流派によって変化するようです。

人相占いはどこをみるの?

人相占いで重要視される表情のイメージ

人相占いではもちろん”顔”を見ていくわけですが、これもポイントとなる部位があります。
また人相占いでは顔の部位の形だけではなく、肉のつき方、筋肉のつき方、表情も重要視されます。

①額

額は年を取ってもあまり形が変わらないことから、人相占いでは重要とされるポイントとなるようです。

②目

やはり人の顔といったら”目”ですよね。
人相占いでも目は一番重要なポイントとされています。
また眼球の色によって健康状態も見ることができます。(これは現代のお医者さんもみていますよね)

③鼻

鼻は人種によってかなりの差がありますが、日本では日本人のサイズに合わせて鑑定していきます。
「鼻がデカいとアレもデカい」などと言われていますが、たしかに鼻は精力と結びつけられることが多いようです。

④耳

日本人の誰もが知っているように、やはり人相占いには”福耳”という考え方があるようです。

電話占いにおける手相占い・人相占い

電話占いで手相鑑定してもらう女性

少し前までは電話越しでの鑑定しかできない電話占いの場に手相占いや人相占いが登場することはありませんでした。
しかし技術の発展により、今では多くの電話占い会社で手相占いの鑑定を行えるようになりました。

やり方としては写真を事前に自分で撮影し、それを占い師に送信する形で鑑定してもらいます。
ただやはり写真しか見ることが出来ないので、実際の対面鑑定よりはみれる部分が少なく、鑑定内容も薄くなりがちではあります。
手相だけでの鑑定ではなく、占星術やタロット占いと併用されることが多いです。

また、手相占いを実施している電話占い会社は複数ありますが、人相占いを行っている電話占い会社は今のところ見当たりませんでした
防犯という観点からも、電話占いでの人相占いは避けたほうが良いと思います。

とはいえ、これまで電話占いでは鑑定できなかった手相占いが楽しめるようになったのは非常に嬉しいことです。
私も実際に調査として鑑定してもらいましたが、思っていたよりも細かいところまでみてもらえたのでとても満足できました
下手なタロットやオリジナル占いよりも断然信用できますし、何より自分の目でいつも見ている手相を鑑定してもらえるのはより”日常に根付いた占い”というように感じました。

手相占いは気になっているけどやったことがない、もっと気軽に楽しんでみたい、という人には電話占いでの手相占いもおすすめできます。